人気のミドリムシ

健康食品は日本でもとても高い人気がありますが、その中でも今注目のミドリムシについてまとめてみましょう。ミドリムシといっても実は藻であってユーグレナという別名を持っています。最近はミドリムシ配合のヨーグルトやジュース、お菓子、サプリなどいろいろなものが出回るようになりました。

ミドリムシは数億年も前から地球に存在している藻の一種で、そのバランスのとれた栄養素と吸収率は他にないものとして注目されていたのです。しかし大量に生産することが難しく、一般商品にはできませんでした。しかし大学チームと企業の共同研究によって、ミドリムシを大量に育てることのできるユーグレナファームが完成し、一般の人にもミドリムシが摂取できるようになったのです。

ミドリムシは栄養素が豊富で、それだけで摂っていれば人間が生きられると言われているほどバランスが良いです。α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、2、6、12、ビタミンC、D、E、K1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム、DHA、EPA。19種類のアミノ酸など全部で59種類の栄養素が含まれているのです。その上吸収率は95%と驚異的。そしてこれだけバランスの良い栄養素を摂取できるため、ダイエットにも効果があると言われています。
また、ミドリムシと同様に栄養価が高い藻にスピルリナというものもあります。こちらもタンパク質・ビタミン・ミネラル・脂質・糖質の5大栄養素を含み、スーパーフードと呼ばれています。食品としては聞きなれませんが、こういった藻は若い人から中高年、老年の人まで人気が高い健康食品なのです。

青汁プラスα

日本での健康食品として、各種年齢層に高い人気があるのが青汁です。青汁の主成分はケール、大麦若葉、明日葉などが主体となっているものがほとんど。そして、なかなか摂りにくい緑黄野菜を補給する目的が青汁にはあります。日本で初めて青汁が出たときには、苦くてまずいものでしたが、最近は技術的にも進歩し抹茶などの味つけで、とても美味しい青汁が増えているのが現状です。

そしてもう少し進化した青汁として、酵素やミドリムシ、乳酸菌などをプラスした青汁も大人気。青汁を飲んでいると野菜不足の食生活でも、なんとなく安心すると感じている人が多いのではないでしょうか。そこに便秘がちな人は乳酸菌がプラスされたものを、ダイエットをしたい人は酵素がプラスされたものを、健康維持が希望ならミドリムシがプラスされたものを選ぶ人も増えているのです。

2つの目的が1つの健康食品から摂取できる青汁プラスαタイプは、やはり多くの人に支持されています。他にも青汁を飲むことで血糖値が低下するタイプのものや、コラーゲンなど美肌成分が入ったものも女性に人気。他にも中高年には軟骨成分のコンドロイチンなどがプラスされたタイプも人気です。他にもミドリムシと同じ藻から採れるクロレラなど配合の青汁もあります。